コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

ビジネスの現場で役立つ資格である情報処理士

Pocket

ビジネスの現場ではスキルを持っているとステップアップにつながるので就職する前から資格取得に取り組む人が多くいます。ビジネスの現場では様々な情報があふれておりそれを処理する能力が求められることが多々あります。そのような場面で役立つ資格に情報処理士といわれるものがあります。ある一定の情報処理能力を持っているということを証明することができるもので、取得していると就職の場で非常に役立ちます。取得するためには、資格を主催している協会に加盟している大学や短期大学で所定の科目を履修する必要がありますので、まず該当の学校に入学して学ぶ必要があります。情報処理士には2つの種類があります。まず情報処理士といわれるものは情報処理技術の基礎・ビジネスで活用することができるソフトウェア技術の基礎・プレゼンテーションの基礎能力・組織や情報の流れといった物を学び必須・選択科目あわせて20単位以上の取得が必要になります。もう一つは上級といわれるもので、高度な情報処理技術の応用・ビジネスで活用されるソフトウェア技術の応用・プレゼンテーション能力の応用・組織や情報の流れを活用する技術といったことを学び必須・選択科目あわせて40単位以上を取得することが必要になります。経理や事務といった仕事だけでなく、営業やオペレーターなどさまざまな仕事に活用させることができる能力です。科目を履修することにより取得できるのできちんと講義を受けて定期試験を受けていれば取得することができます。