コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

ネットワークスペシャリストはどんな企業でも活躍出来る資格

Pocket

ネットワークスペシャリストはネットワークに関する設計や管理の知識や技術を証明出来る資格です。受験条件は無く誰でも受験が可能です。試験内容は、午前の前半は試験時間は50分で、問題は30問出題されます。4択の中から解答を選ぶ方式です。午前の後半は試験時間は40分で、問題は25問出題されます。前半と同じく4択の中から解答を選ぶ方式で、前半との違いは問題の分野が違うだけです。午後の前半は試験時間は90分で、問題は3問出題される中から2問を選択して解答します。解答は記述式です。午後の後半は試験時間は120分で、2問出題される中から1問を選択して解答します。解答は前半と同じく記述式です。4つ全てで満点に対して6割以上の得点を取得することで合格出来ます。例外として指定の条件を満たした場合のみ、午前の前半の試験が免除される場合があります。ネットワークは今やIT企業に関係無く、どんな企業でも使用されています。それらを設計、構築、管理が出来るネットワークスペシャリストはあらゆる企業で需要があり活躍することが出来ます。受験に対しては豊富な経験が必要とされますが、その分見返りの大きな資格と言えます。取得すればネットワーク関係だけで安定して働き続けることが出来ます。ネットワーク技術者の数自体は多いのですが、ネットワークスペシャリストを持っている人はまだ少なく、取得を求める企業は多いです。それだけに何度でも挑戦する価値のある資格と言えます。