コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

文書情報管理士資格の概要

Pocket

企業内などではさまざまな文書がさまざまな形態で飛び交っています。その文書には社外に出すことはできない極秘のものも含まれており、すべての文書をきちんと管理しなくては企業の信頼にも大きくかかわってしまうことになります。そこで文書情報管理ということが非常に重要になってきます。文書情報管理を行ううで文書情報管理士資格制度というものがあります。文書情報管理士は飛び交う文書情報を有効に活用し保存するために必要な専門的な知識と技術を持ち合わせた人に与えられる資格のことです。常に文書情報の管理環境は変わっていきますのでその環境の変化に対応しつつ、合理的にしかも実務にすぐに対応することができるようなスキルを持った人に与えられるものです。この資格は能力に合わせて3つ上級・1級・2級があります。2級は文書情報管理を行っていくために必要な基礎的な知識と技術をはかるためのものです。1級は2級よりも専門的な知識と技術を持っていることをはかるためのものです。一番上の上級は、1級よりもさらに広範囲にわたる文書情報管理のあり方を構築することができる能力を持ち、トータルでプロデュースすることができる能力をはかるものです。2級は誰でも受験することができますが、1級はすでに2級を有しているものでないと受験することができません。上級になりますとCOmpTIACODIA試験に合格しているものでないと受験することができない決まりとなっています。