コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

資格の情報処理検定について

Pocket

情報処理検定試験とは公益財団法人全国商業高等学校協会が主催する検定試験のことである。現代社会においては全ての企業にコンピュータが導入され、インターネットの広がりによって家庭にもパソコンが普及し、情報化社会の主役ともいえるコンピュータを学ぶことは現代社会を行きぬくためには必要不可欠で重要な要素となっている。情報処理試験ではコンピュータを主体的、創造的に活用するために情報の活用能力を習得すること、プログラミングの基礎を習得することを主な目的とした試験となっている。本試験では情報処理技術者などの資格の登竜門として作られた検定試験と言われ、毎年9月と1月の第5日曜に行われ受験資格には制限がないが、高校生の場合原則として在籍校で申し込む必要がある。一般の場合は希望試験会場で受験申し込み書により申し込むことになっているが、在籍校が試験場でないなどの事情によっては高校生も一般扱いとなる。受験申し込み書には証明写真を貼付する欄が設けられているが、会場校によって指示あるのでそれに従うことになる。情報処理検定はビジネス情報部門とプログラミング部門の2種類に大きく分けられ、それぞれには1級から3級まであり、合格点数は100点中70点以上である必要がある。また、1人で一度に複数級受験することも可能である。試験時間はそれぞれの級数や部門によって異なり、ビジネス部門においては筆記試験と実技試験に分かれている。