ビジネスの現場で役立つ資格である情報処理士

情報処理士の資格を取得しよう

ネットワークスペシャリストはどんな企業でも活躍出来る資格

by admin - 5月 15th, 2013

ネットワークスペシャリストはネットワークに関する設計や管理の知識や技術を証明出来る資格です。受験条件は無く誰でも受験が可能です。試験内容は、午前の前半は試験時間は50分で、問題は30問出題されます。4択の中から解答を選ぶ方式です。午前の後半は試験時間は40分で、問題は25問出題されます。前半と同じく4択の中から解答を選ぶ方式で、前半との違いは問題の分野が違うだけです。午後の前半は試験時間は90分で、問題は3問出題される中から2問を選択して解答します。解答は記述式です。午後の後半は試験時間は120分で、2問出題される中から1問を選択して解答します。解答は前半と同じく記述式です。4つ全てで満点に対して6割以上の得点を取得することで合格出来ます。例外として指定の条件を満たした場合のみ、午前の前半の試験が免除される場合があります。ネットワークは今やIT企業に関係無く、どんな企業でも使用されています。それらを設計、構築、管理が出来るネットワークスペシャリストはあらゆる企業で需要があり活躍することが出来ます。受験に対しては豊富な経験が必要とされますが、その分見返りの大きな資格と言えます。取得すればネットワーク関係だけで安定して働き続けることが出来ます。ネットワーク技術者の数自体は多いのですが、ネットワークスペシャリストを持っている人はまだ少なく、取得を求める企業は多いです。それだけに何度でも挑戦する価値のある資格と言えます。

文書情報管理士資格の概要

by admin - 5月 10th, 2013

企業内などではさまざまな文書がさまざまな形態で飛び交っています。その文書には社外に出すことはできない極秘のものも含まれており、すべての文書をきちんと管理しなくては企業の信頼にも大きくかかわってしまうことになります。そこで文書情報管理ということが非常に重要になってきます。文書情報管理を行ううで文書情報管理士資格制度というものがあります。文書情報管理士は飛び交う文書情報を有効に活用し保存するために必要な専門的な知識と技術を持ち合わせた人に与えられる資格のことです。常に文書情報の管理環境は変わっていきますのでその環境の変化に対応しつつ、合理的にしかも実務にすぐに対応することができるようなスキルを持った人に与えられるものです。この資格は能力に合わせて3つ上級・1級・2級があります。2級は文書情報管理を行っていくために必要な基礎的な知識と技術をはかるためのものです。1級は2級よりも専門的な知識と技術を持っていることをはかるためのものです。一番上の上級は、1級よりもさらに広範囲にわたる文書情報管理のあり方を構築することができる能力を持ち、トータルでプロデュースすることができる能力をはかるものです。2級は誰でも受験することができますが、1級はすでに2級を有しているものでないと受験することができません。上級になりますとCOmpTIACODIA試験に合格しているものでないと受験することができない決まりとなっています。

ビジネスの現場で役立つ資格である情報処理士

by admin - 5月 8th, 2013

ビジネスの現場ではスキルを持っているとステップアップにつながるので就職する前から資格取得に取り組む人が多くいます。ビジネスの現場では様々な情報があふれておりそれを処理する能力が求められることが多々あります。そのような場面で役立つ資格に情報処理士といわれるものがあります。ある一定の情報処理能力を持っているということを証明することができるもので、取得していると就職の場で非常に役立ちます。取得するためには、資格を主催している協会に加盟している大学や短期大学で所定の科目を履修する必要がありますので、まず該当の学校に入学して学ぶ必要があります。情報処理士には2つの種類があります。まず情報処理士といわれるものは情報処理技術の基礎・ビジネスで活用することができるソフトウェア技術の基礎・プレゼンテーションの基礎能力・組織や情報の流れといった物を学び必須・選択科目あわせて20単位以上の取得が必要になります。もう一つは上級といわれるもので、高度な情報処理技術の応用・ビジネスで活用されるソフトウェア技術の応用・プレゼンテーション能力の応用・組織や情報の流れを活用する技術といったことを学び必須・選択科目あわせて40単位以上を取得することが必要になります。経理や事務といった仕事だけでなく、営業やオペレーターなどさまざまな仕事に活用させることができる能力です。科目を履修することにより取得できるのできちんと講義を受けて定期試験を受けていれば取得することができます。